落とし穴

キャッシングの融資限度はどのくらい?

キャッシングは、無担保、無保証人の借金ですから、借りる人の信用度によって、その融資額は違ってきます。
また、近年に制定された貸し出し金額の総量規制というもので規制されていることもあり融資額の上限は以前よりも低くなってきています。
上記の総量規制ですが、これは、キャッシングでの返済不能者に対して対策としてつくられたもので、キャッシングをしている人に対する貸し出し額を年収の三分の一以下にするよう消費者金融業者に義務付けたものです。

そして、この規制のために消費者金融業者の数が減ったと共に銀行がこの規制から除外されているために銀行の傘下に入る業者が増えたという結果になっています。
さて、融資限度額についてですが、例えば、年収が200万円から300万円位の若い人を想定してみますと、先の総量規制を当てはめただけで、融資総額は70万円から100万円が上限という事がわかります。
これは、複数社で借りている時の総額ですから一社でその上限に達している時にはそれ以上借りられないということになります。

更に新規の場合には、収入証明のいらない貸し出しの上限が50万円から100万円と言っている業者が多いのですが、実際には、10万円から20万円程度からはじまることも多く、最大でも50万円といったところでしょう。
収入の多い人の場合で、収入証明書が提出できるような人では、総量規制の範囲内で融資限度をもっと多くすることができます。
もし、総量規制を回避したい時には銀行系のキャッシング業者を利用してみましょう。

このような無担保、無保証人でのキャッシングでは、どのくらいまで貸してもらえるのかといいますと、顧客の借入実績などもその人の信用になってきますので一概にはいえませんが、1000万円程度が融資の限度でしょう。
もし、担保となる土地などがある人の場合には話が違ってきます。
担保のある人では、その担保に応じて融資の額も大きく出来ます。
もし、まっさらな担保があるのであればキャッシング業者に連絡すればとんでお金を貸しに来てくれます。
しかし、そのような担保があるのでしたら金利の低い銀行から借りるのが普通です。

Copyright(C) 2013 生活を助けてくれる物とは All Rights Reserved.