落とし穴

キャッシングの審査に落ちてしまったとき

キャッシングには、その人に貸し出しをするかどうかの審査があります。
主な審査内容は、年齢、性別、職業(年収)、勤続年数、持っている資産、他社のキャッシング利用状況、過去の金融事故の有無などです。
ところで、このような消費者金融業者の審査には、金融関係の個人情報の提供を専門にする機関のデータベースを各業者が利用していますので、他社の利用状況や過去の金融事故などはすぐに知られてしまいます。

このような事情ですから他社からの借入額が多かったり、過去に返済に関する事故などがありますと、審査に通らないことが普通ですし、年収も大きなウエイトを占めています。
キャッシングの審査に落ちてしまった時にはどうするかですが、上記の情報提供機関のデータベースには、
申し込の状況も最大で六ヶ月間は記録されていますので、同じ業者はもちろんですが、同格の業者ですとこの期間中は申し込んでも審査に通りにくくなると考えられます。
そのようなわけですから、申し込み情報が残っている期間中に再度キャッシングの申し込みをしようとするのでしたら使っている情報提供機関の異なる業者か格下の中小業者を試して見ることです。

もし、そのようにしても断られる場合には、個人の経済的な環境を変えるしかありません。
個人の経済環境のうち、他社からの借入額がネックとなって審査に通らないような場合には、積極的に借入元金を減らすことです。
もし、お金の余裕が少しでもできましたらどんどん返済に回していくことです。

こうして最大で六ヶ月の期間が過ぎて申し込み記録が消えた時に再度チャレンジするわけです。
ただ、今のキャッシング業界は、近年に制定された貸出金利の厳格化と貸し出し金に対する総量規制での収益の悪化と過払い金訴訟による過去の顧客への支払いの増加で多くの業者が廃業や吸収合併によって消えて行きましたので、顧客にとっても必要なお金が借りにくくなっています。

Copyright(C) 2013 生活を助けてくれる物とは All Rights Reserved.