落とし穴

キャッシングの落とし穴、ここに注意!

キャッシングは、普通、顧客ごとの借入限度額が定められていて、その額まではいつでも借入ができるようになっています。
返済方法は、リボルビング方式をとっている業者がほとんどで、定期の返済日に一定の範囲の金額を支払えば良いので、返済自体は楽になっています。
しかし、借入額が少なければ返済期間も短くてすみますが、借入額が増えてきますと一回の返済額の上限が決まっていますので、返済回数が増えることになります。

キャッシングの借入金利の多くは年に15パーセントから18パーセントで最大は20パーセントとなります。
もし、借入金額が多くなり返済回数が増えますと、この10パーセントを超える高い金利のために返済総額がかなり増えてしまうことになります。
キャッシングでは、顧客に対しての最大の借入額が決まっていて、それを超える借入はできないことになっています。

一社で最大まで借り入れていて更にお金が必要な時には、他社から借りることになります。
こうしますと借入は出来きますが、借金の総額が増えることになります。
いくらリボルビング方式での返済でも複数社から借り入れますと返済総額も増えますので返済が苦しくなり、そのうちに返済ができなくなることもよく起こります。

複数社で借り入れている場合には、借入を一社にまとめるという事もよく行われます。
これは、一回の返済額を減らそうという意図と返済日を統一できるという利点がありますが、結局は返済期間が伸びますので、返済総額が増えてしまうということになります。
以上のようにキャッシングの落とし穴は、その貸出金利の高いことで、借入総額が増えるとそれだけ支払う金利分が増えてしまいます。
また、追加の借入がしやすいリボルビング方式の返済方法は利点もありますが、それは、業者側にとっては顧客に対して(返済される範囲で)できるだけ多く貸し付けることで金利分が利益になるという事ですから、途中返済が認められているところでは早めに返済するのが得になります。

Copyright(C) 2013 生活を助けてくれる物とは All Rights Reserved.