落とし穴

キャッシングのおためし審査って何?

キャッシンクの申し込みをしますと必ず審査があります。
キャッシングは原則的に無担保、無保証人ですから、審査によって申し込んだ人の信用度を計り業者が貸し出しができるかどうか、貸し出しをする場合にはその限度額を決めます。
インターネットでのキャッシングの審査は、個人の情報を入力して行いますが、その個人情報は業者間で利用している顧客情報データベースにも登録されます。

短期間に複数社で何度も審査を受けていますとその情報は共有されますので、あまり良い審査結果は得られなくなります。
このような時に匿名で審査が受けられるサービスがあると顧客にとってはキャッシングの申し込みのハードルが下がるというものです。
そのようなわけですからインターネット上にウェブサイトのある業者では、おためし審査というような簡易審査のサービスを行なっているところがたくさんあります。

このおためし審査では、顧客情報の入力項目が3から8項目位で、審査結果も数秒でわかるようになっています。
入力項目の少ないところでは、生年月日、性別、と現在の借入の有無くらいで、項目が増えたとしても、独身既婚の別、職業、年収くらいですから非常に簡単です。
ポイントは他社からの借入があるかどうかとある場合の借入金額です。

もし、他社からの借入のない人の場合は、年収だけが問題になりますが、年収200万円くらいで新規の借入でしたら「本審査に進んで下さい」というような結果が出てきますので、いきなり本審査から入っても良いくらいです。
他社からの借入のある場合には事情が変わってきます。
年収を入力するようなところでは、年収と他社からの借入額によっては、このおためし審査でも融資不可能の判定が出てしまうことがあります。
このようなときには別の業者で試して見ることになりますが、大手の業者でだめでも準大手や中小業者ではOKとなることもあります。
いずれにしましても他社からの借入額が多い人や年収が低い人の場合には、匿名で時間や手間をかけないで複数社を検討するできるというこのおためし審査は利用価値が高いと思います。

Copyright(C) 2013 生活を助けてくれる物とは All Rights Reserved.