落とし穴

キャッシングの金利計算ってどうやってやるの?

キャッシングの金利計算は日割り計算となっています。
日割り計算は、年利を一年の日数365日で割ったものを一日あたりの金利(日歩)とするものです。
例えば、10万円を年利18パーセントで借りた時に30日で一括返済するとしますと、その間の金利は、10万円×(18/100)×(30/365)=1480円(切り上げ)となりますので、返済額は、101480円となります。

キャッシングした場合の実際の返済は分割払いとなることが普通です。
分割返済の方法には大きく分けてふた通りのやり方があります。
ひとつは、元金均等払いで、もう一つは元利均等払いです。

元金均等払いでは、元金を返済回数で割ったものを一回の元金分の返済額として、それに返済までの元金の金利分を加えたものが返済額の総額となります。
例えば、上記の例と同じ額を同じ金利で借りて5回(30日ごと)で返済するとしますと、一回あたりの返済元金は2万円となります。
初回の返済額は、これに金利分を加えた21480円です。

二回目は元金が8万円になりますので、その間の金利分は1184円ですから21184円が返済額です。
以下、同様に計算します。
元利均等払いは、一回の返済額を一定にして、その中からその期間の金利分を差し引いたものを元金から差し引くという返済方法です。

例えば、上の例と同じ借り入れ条件で、30日ごとに2万円を返済するとします。
一回目の返済では、2万円から金利分の1480円を差し引いた18520円が元金の10万円から引かれ81480円が残りの元金です。
二回目の金利分は1206円となりますので、18794円が元金返済分となりますので、62686円が残りの元金となります。

以下同様の計算を行い最後の返済で残り端数を精算します。
リボルビング支払いの場合は、上記の二種類の他に元金定率リボルビング支払いという方法があります。
これは、元金に応じて一回の返済額を決めるというもので、例えば、元金が50万円以下の時には元金の4パーセント、元金が100万円以下の時には元金の2パーセントなどと一回の返済額を決めるやり方です。
金利計算のやり方は上記と同じですが複雑になります。

Copyright(C) 2013 生活を助けてくれる物とは All Rights Reserved.