落とし穴

キャッシングの金利について教えてください

法律が変えられる以前のキャッシングの金利に関しては、法律の不備もあってグレーゾーンと呼ばれる金利幅ありそれが業者に有利なように運用されていたため最高で年利30パーセント近い金利で貸し出していることがありました。
ところが裁判などの判例などからキャッシングの貸出金利に関する法律が変わったことによって、今ではキャッシングの金利は最高で年利20パーセントとなっています。
このキャッシングの金利は、借入の元本の額によってその最高となる金利は分かれています。

元本が10万円未満の場合には最高が年利20パーセント、元本が10万円以上100万円未満の場合には18パーセント、100万円以上では15パーセントとなっています。
このためキャッシング業者の公表している貸出金利は、例えば、年利5パーセントから18パーセントというように貸し出し金額が10万円以上100万円未満を想定したものが多くなっています。
当然ですが、100万円を超えた貸し出しについては、上限が15パーセントとなります。

金利の計算について少し見てみましょう。
例えば、年利18パーセントで50万円を借りたとします。
この場合、1年間の金利分は9万円となります。

一ヶ月ではどのくらいの金利がつくのかと言いますと、9万円を1年の月数の12で割った7500円となります。
もし、ひと月後に一括返済するのであれば、507500円を支払うことで完済します。
もっと短い期間での金利計算もできます。

例えば、借りてから20日で一括返済する場合には、9万円÷365(一年の日数)×20(借りていた日数)=4932円が金利分となりますので、504932円が返済額となります。
ひと月に5万円の元本と金利分を返済する時(元本定額返済)では、最初の月には5万円と金利分の合計の57500円を返済します。
次の月には元本が45万円となりますので、金利分は6750円となれますので、56750円が返済額となります。
以下返済額は元本が減るに従って少なくなります。

Copyright(C) 2013 生活を助けてくれる物とは All Rights Reserved.