落とし穴

キャッシングで借りすぎてしまった場合に

キャッシングには多重債務などで返済ができなくなることがよく起こります。
このために借りる人の年収の三分の一以内に貸し出し金額を抑えるという総量規制(法律)が出来てしまったくらいですから、キャッシングで返済ができなくなる人がいかに多いのかわかるというものです。
キャッシングで返済ができなくなる状況に陥った場合には、合法的に対処する方法が三種類あります。

任意整理と個人再生、自己破産です。
任意整理は、弁護士や司法書士を業者との間に立てて交渉するという方法です。
例えば、250万円程度の年収で、借入額が同程度になりますと月々の返済額は10万円を超えてきますので返済が出来ないようになります。

このようなときには弁護士などを間に立てて債務整理を引き受けた旨を業者に連絡してもらうことで月々の返済請求が止まります。
ここで、月々の返済可能な額を見定めて業者と交渉してもらうことになります。
複数の業者が絡んでいる場合には、それぞれと交渉するのですが、この場合、月々5万円程度の支払いが可能であれば、交渉によって借入額を減額の上、債務を一社にまとめて分割で返済するというようなことができます。

個人再生は、上記の任意整理を裁判所を通して行うやり方です。
この方法では、裁判官が法律で定められた債務の減額率を元に業者と返済すべき債務を決定していくともので、減額された債務は任意整理と同様に分割で返却します。
任意整理、個人再生ともに減額された債務は、3年以内に返済しなければなりません。

上記の方法では、減額されたとはいえ返済は続けなければなりませんが、自己破産では、裁判所を通すというところは個人再生と同じですが、原則的に債務の返済は免除されます。
ただ、自己破産でもその使い道(ギャンブルなど)によっては全ての債務を免責できるとは限りません。
自己破産はデメリットも多いので返済不能になった場合の最後の手段となります。
自己破産を考える前に任意整理か個人再生のいずれかを検討することが先になるでしょう。
また、こちらのローヤルゼリーの効果効能についても参考にご覧ください。

Copyright(C) 2013 生活を助けてくれる物とは All Rights Reserved.